子兎 半透明樹脂成型




今回の製品ですが、竹谷隆之さんの造形したものではありません。

もともと、竹谷さんの工房にあるもので、できそうなものを出していくということで始まりましたものですから、製作者が限定されている訳ではありません。


この子兎は一応「生体に最も近いレプリカ」が原型とういことで、私も原型は見たことないのですが、むかーし取ったシリコン型が倉庫にありました。

さすが生体のレプリカということで、

最初の型にはヒゲがつくほど精巧な出来栄えでした。生きてたみたいに。


成型は、半透明の樹脂で色は肌色とリアルな趣向となっております。

皮膚の質感や、生体の造形に興味のある方は是非じっくり観察していただきたい一品です。




Rabbit translucent resin molding


This product is not made by Takayuki Takeya.

Originally, it was in Mr. Takeya's workshop, and it started with the idea of producing something that could be done, so the creators are not limited.


The prototype of this rabbit is "the replica closest to the living body", so I have never seen the prototype, but there was a silicon mold that I had taken in the warehouse.

As it is a replica of a living body,

The first mold was so elaborate that it had a beard. Like he was alive.


The molding is a translucent resin, and the color is flesh-colored and has a realistic taste.

If you are interested in the texture of the skin and the modeling of living organisms, this is a product that you should take a closer look at.